デリケートゾーンの脱毛は、変なところではできませんよね。

オレンジのケノン

エステの怖いところは勧誘がすごいこと!

勧誘がないと評判なのは、ココですね!
技術を確かめたいから、お試しをしてみてもなんだか成果を感じにくかったり、
予約が取りにくかったり・・・

 

さらに恥ずかしい部分は、たとえ同性でもちょっと抵抗がありますよね。
思っているスピードで進まなかったり、金額が思っていた以上にかかったりで、最近は
脱毛サロンに通ったことがある方が家庭用脱毛器に乗り換える例が増えているそうです。

自宅で誰にも知られずに脱毛したい!

そんな要望に答え続けている会社がありました。
日本の脱毛器市場を創造してきたことで知られるエムロックさんです。

 

公式見解としては、デリケートゾーンの使用は推奨していないということでした。
粘膜部分への照射は危険を伴うので、やらないで欲しいということです。
ちょっと残念ですが、お問い合わせとしては非常に多いそうですね。
そして、実際には自分でデリケートな部分に挑戦する方は自己責任でやっているようです。
メーカーさんは、あくまでも非推奨ということなんですね。

サロンで脱毛するか?家庭用脱毛器か?

お金がたくさんあってほかの人にやってもらうのに何の抵抗もなければ、やはり脱毛サロンをおすすめします。
特に、勧誘を一切しないということで有名なミュゼプラチナムは、全国規模で店舗展開していますから
電車で通える範囲にサロンがあると思いますよ。

 

では、お金がない人は家庭用脱毛器か?というと実際はちょっと違います。サロンに通ってみたけれどなかなか脱毛の効果を感じられない。思った時間に予約が取れない。そういったかたは、自分の都合で好きな時間でできる家庭用脱毛器が向いているのです。

 

あとは、ケノンの場合、とても優れた美顔器としての機能がとてもオススメです。
実際、プロの目から見てもこの美顔機能は特筆ものだそうですよ。 → 詳細はココ!

実際のケノンの使い方

ケノンでフラッシュ脱毛するときの注意点

  1. フラッシュを照射する前に事前にカミソリで体毛を短く剃る。
  2. はじめは、10段階ある強さの弱い方で様子を見る。
  3. 体を冷やす冷却材などを準備する。

照射
なぜ脱毛できるのか?技術的なことはわかりません。

理由はコチラ!

  1. フラッシュは黒いモノに反応するので、長い毛が残っていない方が良いから!
  2. 肌の色によって、照射の感じ方は違うから!
  3. 冷却材がある方が痛みを感じにくいです。

照射

 

デリケートゾーンの脱毛ってサロンでできますか?

ミュゼプラチナムの無料カウンセリングお申し込みはこちら!

ミュゼプラチナム